未分類

タンパク質を摂取しよう

投稿日:

今回は子どもの視力アップのためにはどんな食生活を

していたら良いのか?を中心にお話します。
積極的に摂りたいのはたんぱく質と抗酸化物質です。

なぜたんぱく質が必要なのか?

私たちの体を作っている

筋肉・皮膚・髪の毛・つめ・血液・骨・ホルモン・酵素

などはたんぱく質でできているからです。

たんぱく質は私たちは生きていくうえで欠かせない

栄養素です。

たんぱく質は目の調整機能である水晶体や網様体筋をつくるうえで

欠かせない栄養素です。

外部から視力回復のためのトレーニングを行ったとしても

体を作る栄養素が足りていなかったり

正しく摂取されていなければ意味がないのです。

 

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質

一般に動物性のほうは体に良くない、と言われますが

実は一緒に摂取することの多いご飯や麺類などの

主食の摂りすぎで肥満や生活習慣病の原因になる

と言うことが最近の研究によって分かっています。

むしろ一緒に食べるものの摂りすぎによってもたらされる

肥満につながるため、悪者にされがちです。

量に気をつけながら摂取すれば

問題はありません。

動物性たんぱく質には

牛肉、たらこ、しらす干し、まぐろ、あじ、いくらなどがあります。

植物性たんぱく質は主に

納豆や油揚げ、アーモンド、きな粉、ごまなどがあげられますが

どちらも偏りなく摂ることが大切です。

 

たんぱく質はゆでたまごや牛乳・乳製品 チーズなどにも含まれており、

手軽に摂ることができます。

一日の摂取目安はゆでたまごなら1個

牛乳ならコップ1杯の200ml

魚やお豆腐のお味噌汁約80g。

 

何事にもバランスが大事です。

一気に食べたり、全く食べない日々が続いたりしても

良くありません。

まずはバランスの取れた体づくりをしてから

トレーニングに入るように調整しましょう。

-未分類

Copyright© 子供の視力回復、視力アップ、視力低下ストップの方法を紹介するサイト , 2018 AllRights Reserved.