子供の視力は絶対回復する

保育園、幼稚園、小学校、中学校での視力検査
の結果を見て衝撃を受けるのはお母さん、ですよね。

子供 視力アップ 子供視力アップ方法 視力低下の原因等を
検索窓に入れ、調べまくって、当サイトまでお越し頂いたと思います。

当サイトでは大切なお子さまの視力を短期間でぐんぐん
と視力回復させるための方法を詳しく紹介しています。

子供が持ち帰ってきた視力検査を見て、愕然とするお母さん。

「もっと目が悪くなるのではないのかしら?」

と視力低下の不安を隠せないですよ。

視力低下がもたらす不安はこれだけではありません。

「小学校からメガネ生活はかわいそう」
「いままで良かった成績がだんだんと落ちてくるんではないのか?」
「スポーツも眼鏡をかけていると危ないわよね!?」

考え出すと視力低下からもたらされる不安はたくさんあります。
でも、よく考えてみてください。

まだまだ子供です。
視力回復は十分可能です。

というか、視力回復能力が高いのです。

子どもの視力回復願うなら、また、これ以上の視力低下
を防ぎたいのら、この先を読み進めてみてください。

ここで視力回復に対して、こんな疑問がわいてきます。

「眼科医から、近視は治りません!って言われました。」
「視力回復なんて、そんなに簡単にはできないでしょ?」
「視力回復には高額な費用がかかるのでしょ?」

ノープロブレム!!

私も経験ありますが、眼科医でも、ドライアイなので目薬を出しておきます。
「ゲームを控えめにしてね」とこんな感じです。

そもそも、視力回復なんて不可能じゃないのか?
しかし、そんな常識を超える結果がたくさん出てきました。

視力回復は決して不可能ではありません。

悩みを抱えて何もやらないよりかは、このタイミングで
ぜひこの視力回復法を試してみてください。

ここから、ちょっと専門的なことも書きますが、
子供の視力回復を考えて、読んでみてください。

もし、この内容がわからなくても、適当にわかった
ふりして最後まで読み飛ばしてください。

このイメージも重要です。
こんなことも視力回復につながっているのです。

視力回復のカギは動体視力UP

お子さんの視力低下の原因はさまざまですが、一般的に原因となるのは

目の筋肉である毛用様体筋の緊張によるものです。

その結果、視力低下が起こります。

筋肉がピーンと張り詰める状況になって、目が疲れて視力低下につながって

いくのです。つまり、目の筋肉を鍛えると視力アップにつながると言うことに

なります。その動体視力ですが、実は二種類あるのです。ご存知でしたか?

KVA動体視力

自分に近づき向かってくる物を見極める能力→野球でピッチャーが投げる

ボールを見極めるのに必要な力

DVA動体視力

目の前を横切ったものを見極める能力→左から右、上から下といった

縦横の動きに対して見分けて対応するのに必要な力

トレーニング方法は?

動体視力を鍛える、と言うと構えてしまいがちですが、

実は日常生活の中でも知らず知らずのうちに実戦しているのですよ。

例えば、電車に乗ったときに動いている車内から外の看板の文字を

読み取ったり、走る車の数を数えたり、電柱の数を数えたりするだけでも

手軽にトレーニングできます。

プロ野球の選手もこの方法で動体視力アップに励んだという話もあります。

(DVA)

 

これに対してKVAのほうは自分自身に近づいてくるものを見極める能力を

必要とします。自分の乗っている車から対向車のナンバーを覚える、

視力が悪いとこの認識が遅れてしまいます。

結果、KVAを鍛えるのには時間が必要と言えます。

初めにDVAを充分に鍛えて視力回復に努めてからKVAを鍛えていくのが

良いと言えます。

また、沢山の数字を一瞬見て、目の動きだけ逸らして数字を覚えたり、

本や画面を見ている時により広い範囲の文字を意識して読み取るように

意識するなど、日常の生活でも少し気を付けるだけで簡単にトレーニングに

結びつきます。

 

どうすれば良いの?

お子さんの視力が低下したからと、直ぐに眼鏡を準備するべきでは

ありません。特に小学生の場合、大体が仮性近視です。

仮性近視の場合の原因は、長時間悪い姿勢でののゲームや

テレビを見ていると言う状態が悪い癖となっている場合がほとんどです。

 

まずはお子さんのこんな行動に要注意です。

・目の周辺を触っていることが多い

・物を見る時、目を細めて見る

・文字や画面を見る時に目を近づけている

こうした行動は視力低下のサインです。

まずは眼科を受診しましょう

 

すすめられる眼鏡。気を付けて!

受診の結果、視力低下の原因が病気でなかった場合、

クリニックでは眼鏡を勧められます。

でも、急いで準備する必要はありません。

病気が原因でないのならば、眼球をコントロールする筋肉が

上手く動かせてないことが原因です。

身体や筋肉は鍛えれば運動能力が高まります。

それと同じで見るちからも目の周りにある筋肉を鍛えることで

回復する事も充分可能だと言えます。

遠くをみるように、テレビやゲームをやり過ぎない、

読書や勉強は明るいところで・・・

などなど、視力をそれ以上落さない工夫をしましょう。

読書・勉強はほどほどに

視力を悪化させる原因としてはゲームやスマホ以外にも

勉強や読書などもあげられます。

テストの点数を良くするため、受験のためなど。

学校が終わった後も引き続き学習塾に行って勉強したりと、

朝起きてから寝るまで視力に負担になることは沢山です。

ゲームにしても勉強にしても、いつも手元ばかりを見ていて

遠い場所を見る機会が減った事も原因のひとつだと言えます。

 

子ども達の目を守ろう

子ども達の大切な目を守るため、今できる事とはなんでしょう?

子どもだからできる事、子どもだからすべきではない事、

それぞれのご家庭の状況などたくさんの条件がありますが、

少しずつ工夫しながら大人も一緒に環境を整えていく事が大事です。

例えば勉強するのならば机やいすを正しい姿勢ができるような位置に設置し、

照明の明るさを調整する事である程度 近視を予防する事ができます。

遊びに関しては、テレビやゲーム、スマホに依存する遊びではなく、

ボールを使ったりして身体を動かして遊べるようにコミュニティと

連絡を密にしながら遊べるようにしたいですね。

 

カシスやブルーベリーの効能

仮性近視は毛用様体筋の緊張によるものですが、カシスやブルーベリーに

含まれているアントシアニンは毛用様体筋の緊張をほぐす働きがあると

言われています。

昨今は生の状態で摂取するのと同じくらい効果があるサプリメントで

補う事もできます。

取り巻く環境とサプリメントの両方で補えるようにしていきたいですね。

 

もし、視力の低下があったら?

春の検診ではAだった視力が秋にはCになっていて・・・と

びっくりされたお母さんも少なくないと思います。

息子もこのパターンで、眼科を受診した経験があります。

結局はその後はBになり、少しずつ回復していきました。

積極的にやったのは、やはり部屋の明るさとゲームをする時間です。

知らず知らずのうちに姿勢が歩悪くなり、目が近くなって

眼球を酷使していたので初めはしっくりこなかったようです。

今はだんだんと良い方向に向くようになり、

結果、視力測定ではBになりました。

大切なお子様の視力を守るためには学校に任せきりにせず、

ご家庭で気を配っていくことが大事です。

投稿日:2016年11月14日 更新日:

Copyright© 子供の視力回復、視力アップ、視力低下ストップの方法を紹介するサイト , 2017 AllRights Reserved.